このページのリンクアドレス

エブリスタ
朔の夜は憂鬱

小説 ヒューマンドラマ

朴念仁は四季を愛でるか/御門一家の日常短編集

朔の夜は憂鬱

三山 千日

新月の真夜中は、つまらないことばかり考えてしまう。

完結

13ページ

更新:2018/10/24

コメント:超・妄想コンテスト 第83回「青」優秀作品

説明

朔夜は旧暦一日・朔の月のない夜が苦手。
真夜中に起きてしまった彼女は、真っ暗な中でつい、自らの過去について考えてしまい、寝直すことができなくなって……。

※超・妄想コンテスト 第83回「青」にて、優秀作品に選定いただきました。
 当作品を読んでくださった方、応援いただいた方、ありがとうございます!

(2018.08.26 公開
 2018.10.24 超・妄想コンテスト 第83回「青」優秀作品 選定)

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

三山 千日さんのその他の作品

作品を読んだ人におすすめ

この作品が入っているマイリスト

この作品の参加イベント