このページのリンクアドレス

エブリスタ
便利屋りっくんの独り言

小説 BL

便利屋りっくんの独り言

紅雄

「……どちらさま?」「……お前は何度、俺を忘れるんだ?」

完結

519ページ

更新:2018/12/12

説明

BLです。ご注意下さいm(__)m。
すべてフィクションです。ド素人の8作品目になります。
関西弁が多いです。ご注意下さいm(__)m。

登場人物
相原 陸斗(あいはら りくと)……便利屋りっくん経営。27歳。人生で一番の極貧中。ノンケ
武藤 慶吾(むとう けいご)……リーマン。29歳。ゲイ
商店街の皆さん他

酒に酔って記憶をなくした陸斗は、男とつきあうことになっていた。
無理だと言っても武藤は便利屋の事務所に入り込む。
追われる溺愛ほんわかストーリーになればいいなと思ってます。


作者が関西人のため、標準語におかしなところがあるかと思います。
ご指摘頂ければ誤字、脱字も含め随時訂正致します。

未熟者ですがもっとカッコいい表現が出来るよう精進します。


2018.12.12 本編、短編、応援特典が完結しました。
最後のお話になりました。
閲覧ありがとうございました。

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

紅雄さんのその他の作品

作品を読んだ人におすすめ

この作品が入っているマイリスト

サポーター特典

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません