このページのリンクアドレス

エブリスタ
忘却の焔

小説 ファンタジー

忘却の焔

陰東 一華菱

……私は、一体何者なの?

連載中

56ページ

更新:2018/10/30

コメント:「王女なんてガラじゃない!」の続編です。先の作品に比べて恋愛の比重は軽め。色んな要素が入ってます。

説明

 異例中の異例として、騎士からデルフォス王家に婿入りを果たしたレルムと、王家の正統な血を受け継ぐリリアナの養女として迎え入れられたマーヴェラ。
 かつて野生児だった彼女も、今や美しい一人の大人の女性へと成長した。

 20歳の生誕祭。マーヴェラはそこで一人の王子と出会う。

 人見知りが激しく、心を許した相手以外になかなか心を開こうとしないマーヴェラと、第一王子でありながら王位継承権を持たず自由気ままに遊び歩き、女性に不自由をしたことがないリディル。

 最悪な噂話が定評のリディルからの、真剣なアプローチ。最初こそ取り合おうとしなかったマーヴェラだが、接点などないはずの彼になぜか懐かしさを感じて……。

 彼の心の闇と、マーヴェラの“自分は一体何者なのか”と言う疑問に、深い闇と繋がりがある事に、やがて当事者とその周りの人間達は知っていく事になる。


「王女なんてガラじゃない!」→[リンク]
「あなたと私の違い(短編)」→[リンク]

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

陰東 一華菱さんのその他の作品

作品を読んだ人におすすめ

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません