このページのリンクアドレス

エブリスタ
沈黙する鯨

小説

沈黙する鯨

熟成芥

第85回コンテスト

完結

11ページ

更新:2018/10/11

説明

心の中に一匹の鯨がいて、北極海のように冷たく暗黒の僕の中を泳いでいる。その彼がしばし、海面へ息をしに昇って来た時に、とても悲しそうな声で鳴くと、僕は思わず涙を流す。

ごめんなさい。

僕の孤独。

この作品のタグ

タグがありません

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

熟成芥さんのその他の作品

作品を読んだ人におすすめ

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント