このページのリンクアドレス

エブリスタ
ZERO

小説 ヒューマンドラマ

ZERO

船越みなと

団地の一室で女性遺体が発見された。犯人、そして事件と向き合う刑事の思いとは・・・

完結

154ページ

更新:2018/11/14

コメント:ZEROシリーズ 1作品目です。

説明

警視庁捜査第一課には特殊な警部補が存在する。
彼の名は荒木零士。
組織から外れ単独捜査を好む男だ。
捜査一課から離れ、資料室の一角にデスクを構え独自で捜査をする。
何故彼はその選択をしたのか。
それは譲れないある思いがあった。

自分勝手な刑事と、振り回されながらも行動を共にする相棒。
真実だけを求めるその先に果たして何があるのだろうか。

心温まる刑事ヒューマンドラマが今始まる。

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

船越みなとさんのその他の作品

作品を読んだ人におすすめ

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント