このページのリンクアドレス

エブリスタ
確かに青かった筈の空

小説 SF

確かに青かった筈の空

苦憂 羽空

「地球は青かったんです、昔」

完結

14ページ

更新:2018/10/23

説明

三行から参加できる妄想コンテスト応募作品
「そして空を見上げた」

…空を見上げられなくなったら、人類はどうなるのだろう。
空が空でなくなったら、もう見上げることもなくなるのだろうか?

日記形式の小説を一度書いてみたかったけど、
完全に日記にすると破綻するので宇宙人に一人称語りしてもらった。
これをファンタジーとするのかSFとするのか分かりません。近未来だけど、近くにこんな未来がやってきたら困る…

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

苦憂 羽空さんのその他の作品

作品を読んだ人におすすめ

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント