このページのリンクアドレス

エブリスタ
狂気の缶詰

小説 ホラー

狂気の缶詰

zero

狂っていたのは君か、僕か。

完結

6ページ

更新:2018/11/01

コメント:不条理な狂気のおはなしを書きたくて書きました。

説明

 十年ぶりで、親友が訪ねてきた。
 月の明るい晩だった。
 彼は僕に缶詰を差し出して言った。

「これを預かってほしい。お前にしか頼めないことだ。よろしく頼む」

「頼むと言われてもなあ。これ、中身は何なんだい?」

 参ったなと思いながら、僕は鼻をすすり、缶詰を見下ろした。

「中身は……」

 言いかけて、親友はしばし黙り込んだ。
 月明かりの中、僕は彼の沈黙に付き合った。

「中身は、俺の狂気だ」

 まるで舞台の台詞のようだった。

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

zeroさんのその他の作品

作品を読んだ人におすすめ

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません