このページのリンクアドレス

エブリスタ
6年越しのクリスマス

小説 恋愛

6年越しのクリスマス

さつきな

俺がお前を好きな以上にお前はそいつを愛してるんだよな

完結

193ページ

更新:2018/12/02

コメント:完結ありがとうございました!大修正版を公開しました!400☆ありがとうございます!

説明

新6年越しのクリスマス
「しょっぱいクリスマス[リンク]」が連載開始いたしました!

クリスマス、白いニットのワンピースを着て行く約束をした刹那と流星。
しかし、クリスマス当日、流星は待ち合わせ場所にたどり着くことなく、刹那の目の前で事故に遭い植物状態となった。
彼がいつか目を覚ますと信じて愛し続ける刹那だが、刹那の周りではトラブルばかりが起こり…

2018.11.04 スタート
2018.12.02 完結

この作品のタグ

作品レビュー

那由多
那由多さん
【作品】6年越しのクリスマスについてのレビュー

ネタバレ

掲載されている分は一通り読ませて頂きました。

山あり谷ありで刹那ちゃんは生きるのが大変そうですね。
落ち着くかな、と思いきやすぐに次の何かが起こるので、ずっとハラハラしていました。
彼女は周囲に優しい人がたくさんいて、恵まれていますね。

しかし、流星くんの突然の展開には大変驚かされました。

これ以上どうなってしまうのか、と考えるとしみじみ刹那ちゃんは強くあって頂きたい。
まだ自暴自棄になるには時期尚早なのでは、と余計な心配までしてしまう今日この頃です。

物語のテンポが速く、一つ一つの区切りもそれほど長くはないので、サクサクと読み進める事が出来ました。
先にも書きましたが、物語内での出来事も多く起伏が激しいので、飽きにくいという効果があるのかもしれないと感じます。
流星くんが事故に巻き込まれる場面の「大きな音とともに流星が消えた」という表現は凄く印象的でした。
目の前でで起きた事なのに、刹那ちゃんが全く理解できていないのだというのが良く伝わってきました。
更にその後に続くいくつかの情景描写。
そして、無惨な彼の姿というショッキングな答え。
ここの流れ、テンポは素晴らしいと思います。

残念なのは「移った」と誤字になってしまっているところです。
他にもいくつか誤字は見受けられましたが、ここはとても目立ちました。
素晴らしい場面だけにもったいないです。
是非、修正して頂けるようお願いいたします。

で、気になった部分ですが、少し早すぎる感があります。
流星くんの諸々以外、何もかもが唐突に始まり、そしてあっという間に締めくくられてしまうので、何と言うか全体的に希薄な印象を受けました。
あまりに駆け足感が目立ちます。
その出来事に対して感情移入する間もなく次の出来事が始まる感じがあって、そこは残念なのかなと。

特に物語の導入部分ですね。
もう少し刹那ちゃんの事を丁寧に紹介してあげて欲しかったです。

まだ連載中という事で、この先どのような展開になるのか分からないので、ストーリーの云々は差し控えさせていただきます。
ですが、往年のジェットコースタードラマを思わせるような悲劇に次ぐ悲劇。
是非、締めくくりはハッピーエンドであれと切に願っています。

もっと見る

2018/11/15 14:15
コメント(3)

さつきなさんのその他の作品

作品を読んだ人におすすめ

この作品が入っているマイリスト

この作品の参加イベント