このページのリンクアドレス

エブリスタ
天狼《シリウス》の生贄

小説 現代ファンタジー

天狼《シリウス》の生贄

虹彩

シリウスが南天に輝くとき、天狼たちが目覚める。

連載中

68ページ

更新:2018/12/13

コメント:人喰らう神――天狼を封じろ

説明

シリウスが南天に輝くとき、天狼たちが目覚める。

夢に現れるのは、石棺に磔られた記憶。満天の星空にひと際青白く輝く青星。凍える寒空の下、少女は生贄として捧げられた。

夢は不吉な出来事の始まりだった。
狼男が人々を喰らう――現代社会ではあり得ないような事件が街をパニックに陥れる。
立ち向かうのは、生贄の末裔たち。

満月になる前に、天狼を封じろ!

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

虹彩さんのその他の作品

作品を読んだ人におすすめ

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント