このページのリンクアドレス

エブリスタ
呪くらっ!

小説 コメディ

呪くらっ!

平中なごん

「学園×部活×オカルト」な青春ラブコメディ☆

完結

198ページ

更新:2018/11/28

コメント:「美術部のとなりには、似て非なる名前の部がありました……」(「双葉社からデビュー賞」応募版☆)

説明

※「双葉社からデビュー賞」の求める「いつも一緒にいたくなるような、魅力的な男女が活躍する、わくわくする作品」に該当するキャラクター小説だと思うので、こちらも新作として改めてUPです☆
(旧版は混乱を避けるため、しばし非公開にします)

「呪くらっ!」と書いて「しゅくらっ!」と読みます。
×「じゅくら」ではないです。
※呪(しゅ)……白・黒問わず、魔術・呪術・おまじないなどのこと。「呪(のろ)い」とは、本来「神に祝(の)る」ことであって、もとは悪い意味ばかりではなかった。
故に、漢字知らない人が「呪ってやる」を「祝ってやる」と書き間違えるのも、じつはあながち間違ってはいなかったりするw

<コンセプト>

 「学園モノ×部活モノ×オカルトモノ」なラブコメディ。
部活あり、恋愛あり、憧れのセンパイあり、キュンキュンあり、萌えあり、「若さゆえの認めたくない過ち」あり。でも、オカルト要素はけっこう専門的(ちょっと詳しくなれます)☆
 そして、なによりラノベのラノベたる所以であるキャラクター小説!
青春グラフィティ&ラブコメであるとともに、ホラーであってミステリでもある。
「学校の怪談」なんかも出てきたりして、大人の皆さまにはあの頃に戻ったつもりでノスタルジーを感じていただき、現役学生の皆様にはリアルタイムで共感していただける、そんないろいろと詰まった「ラノベ要素の宝箱やあ」的内容となっております。

<あらすじ>
 この春より神奈備(かんなび)高校へ入学する宮本真奈(みやもとまな)(通称まーな)は、これから始まる新生活への期待に胸を躍らせていた。
ところが、親友の桜井朋絵(さくらいともえ)とともに美術部への入部届けを出しに行った彼女は、ひょんなことから一人だけ美術部ではなく〝呪〟術部へ入部するはめに!
 日々、奇人変人ぞろいの「呪術部(通称呪(しゅ)クラ)」の面々に翻弄され、ありえない学園生活を送ることとなる真奈だったが、他方、神奈備高校内では七不思議にまつわる怪事件が起こる……。

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

平中なごんさんのその他の作品

作品を読んだ人におすすめ

この作品が入っているマイリスト

この作品の参加イベント