このページのリンクアドレス

エブリスタ
プリモの探しもの ――虹の水晶を求めて――

小説 ファンタジー

プリモの探しもの ――虹の水晶を求めて――

御陵

”初めてのバザールへ” 箱入りメイドと女剣士のささやかな冒険

連載中

62ページ

更新:2018/12/08

コメント:大好きな『旦那さま』に尽くす、一生懸命なメイドのお話

説明

”白銀時代”の物語。沼地にそびえる”黒龍の塔”。メイドのプリモは、そこに住む『旦那さま』こと黒龍の少年魔術師メヴィウスの身の回りの世話をして暮らしています。
ある日のこと、プリモはメヴィウスが”偏向水晶”を手に入れられず、困っていることを知ります。塔から出たことのないプリモでしたが、旦那さまのため、居候を決め込む赤龍の少女剣士ハリアーとともに、初めてのバザールへと赴きます。虹の水晶、”偏向水晶”を求めて――。

※本作は連載となります。一応、毎週金曜日の夜に更新予定です。
※12/2(土)序章末尾に御陵本人が描いたプリモのラフ画(鉛筆)を載せておきます。
 ……素人の作で恥ずかしいので、消してしまうかも。消えていたらごめんなさい。

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

御陵さんのその他の作品

作品を読んだ人におすすめ

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません