このページのリンクアドレス

エブリスタ
柿の木の下で

小説 ヒューマンドラマ

柿の木の下で

ももたろう

(10)

戦争が残したものとは

完結

11ページ

更新:2018/11/19

説明

第88回 妄想コンテスト「そして空を見上げた」 2018年11月 参加

戦争はその兄弟に何を残したのだろうか?

この作品のタグ

作品レビュー

大滝タクミ(つれまち、全国書店で販売中)
大滝タクミ(つれまち、全国書店で販売中)さん
【作品】柿の木の下でについてのレビュー

ネタバレ

本当にあった話。そして、それは百年にも満たない、ごく最近の話。それでも風化していく人々の記憶は止められません。少しでも耳を傾け、繋げていく事しかできません。戦争は愚かで、最大の過ちであると。

一つ一つの文章に心を感じます。切なく、儚く、消えてしまいそうな想いと命の輝き。それらが十分に伝わり目頭を熱くしました。胸を締め付けられました。

国の為に死ぬことが美徳だという狂った時代でも、確かに人を思いやる心はあります。残された人を想い、できる限りの足跡を残しておく。それが、大きな嘘を吐く事になったとしても、その過程には優しさが感じられました。

そして、そんな想い以外にも一つ気になる場面がありました。
それは、手紙を読んでいたかも知れない……ここです。
この文章から読み取れるのは、騙していると言う良心の呵責に苛まれているのではなく、本当に大切なことは他にある……そう読み取れます。この場面で中盤までの話が頭に蘇り、胸が締め付けられました。

確かにあった、目を背けることのできない時代の作品。多くの方に読んで頂きたいと思う作品です!

もっと見る

2018/11/23 11:44
コメント(1)

ももたろうさんのその他の作品

作品を読んだ人におすすめ

この作品が入っているマイリスト

この作品の参加イベント