このページのリンクアドレス

エブリスタ
白い焔

小説 ヒューマンドラマ

白い焔

喜島 塔

(2)

祖父から孫に受け継がれた"想い"と"万年筆"

完結

18ページ

更新:2018/11/29

コメント:じいちゃんが死んだ。日本を代表する大作家のじいちゃんの最期の言葉は「次の作品はワシの最高傑作となる」だった。

説明

じいちゃんが死んだ。
大作家だったじいちゃんが最期に遺した言葉は「次の作品は、ワシの最高傑作になる!」だった。
大作家のじいちゃんの遺伝子を受け継がなかった僕は、駄作を量産していた。
そんな僕の前に、死んだじいちゃんが幽霊になって現れた!
"心遺り"があるために、成仏できないでいるらしい。
じいちゃんを無事、成仏させるべく、奔走する、僕と妹と、JK霊媒師……
笑い有り、涙有りの成仏物語!
結末はいかに?

この作品のタグ

作品レビュー

喜島 塔さんのその他の作品

作品を読んだ人におすすめ

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント