このページのリンクアドレス

エブリスタ
リタルドジョーカー

小説 ファンタジー

リタルドジョーカー

いづみるい

国を追われた元英雄。彼は自分を捨てた国のために再び剣をとった

連載中

135ページ

更新:2019/03/22

説明

 七年前、ロディオスは戦渦にあった。

 王位を略奪せんと企む反王制軍の襲撃により、街は崩壊し、人々は混乱に陥っていた。
 城へ突入せんとする千を超える敵軍に立ち塞がったのは一人の騎士。圧倒的な技と力で敵軍を倒す男の存在は当時、四大大国一と謳われたロディオスにとって最大の武器であり、最強の英雄であった。
 だが戦争終焉後。ジョーカーは消えた。
 突如ロディオスからいなくなった彼に残ったのは地位でも名誉でもない。戦争を引き起こした首謀者だったのではないかという反逆説だった。

 そして現在。

 四大大国の一つ、オルタナ王国バレッティアの地に現れた一人の女。
 彼女が現れたことで止まっていた歯車は再び動き始めることになる。

「戻ってきて下さい。ロディオスに」

 その言葉の真相に、男の心は大きく揺れた。

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

作品を読んだ人におすすめ

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません