このページのリンクアドレス

エブリスタ
いま、3分を切った

小説 ミステリー

いま、3分を切った

高橋雅紀(るかっち)

死んだ恋人は、なぜ自分のスマートフォンを日時指定で送りつけてきたのか?

完結

4ページ

更新:2019/01/22

説明

三行から参加できる 超・妄想コンテスト 第94回「発覚」のために着想執筆した作品です。

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

高橋雅紀(るかっち)さんのその他の作品

作品を読んだ人におすすめ

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント