このページのリンクアドレス

エブリスタ
くれない夜叉

小説 歴史・時代

くれない夜叉

夏目絢斗

血濡れの人斬りは、一人の女の子でした──【三部作第一段】

連載中

55ページ

更新:2019/03/18

説明

これは動乱の時代を生きた、一人の女の物語である──。

時は仮想19世紀──。
各地で反帝府組織がくすぶる動乱の中、とある剣客の存在が市中の人々の間でまことしやかに囁かれる。

弱きを助け、強きを挫く。
天誅の名の元に、人斬りは今夜も闇を行く。
血濡れの夜叉は、どこに向かっていくのか──。


【他サイトにて掲載中】

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

夏目絢斗さんのその他の作品

作品を読んだ人におすすめ

この作品が入っているマイリスト

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません