このページのリンクアドレス

エブリスタ
断罪の火に、悪役令嬢は目覚める

小説 ファンタジー

断罪の火に、悪役令嬢は目覚める

永野水貴

疎まれ続けた先に待っていたのは火刑。――なぜ私なの?

完結

22ページ

更新:2019/03/17

コメント:シリアスファンタジー系の悪役令嬢ものです

説明

元男爵令嬢キャスリンは、火あぶりの刑に処されようとしていた。
罪状は“魔女”。ひたすら善き人間であろうと努力したが、“聖女”にすらずっと疎んじられ、ついに処刑台に立たされている。
キャスリンは助けを求め――一方、唯一優しくしてくれた伯爵家の青年ラッセルが駆けつけようとしていた。
※「小説家になろう」、アルファポリス、自サイトにも掲載。

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

永野水貴さんのその他の作品

作品を読んだ人におすすめ

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません