このページのリンクアドレス

エブリスタ
父について

小説

父について

宵 翔

とある家族の風景

完結

134ページ

更新:2012/02/03

説明



一番自分のことを可愛がってくれた父。

自分の中に余り記憶のない祖母。



きっと、パパは独りじゃ寂しいからって、おばあちゃんを連れて行ったんだね‥。



周りは年越しで多分幸せな雰囲気。

可哀相なことにウチら姉妹の先生達は正月早々葬式に来てたよ。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
頭出しから文章の書き方が変わっています。
 

この作品のタグ

タグがありません

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

宵 翔さんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません