このページのリンクアドレス

エブリスタ
宝島

小説 青春

宝島

こっぴ

本当にあった吹奏楽部のお話し。あの頃を思い出しながら日記調に書き上げてみました。

完結

230ページ

更新:2007/06/28

説明

突然、涙が出始めた。

正確には、泣き始めた事に俺は気付いていなかったので、【涙が出ていた】という方が正しい表現だと思う。

そこからは、ずっと涙が止まらず、楽器が吹けない。

周りを見渡すと、ほとんどの人が、泣きながら演奏を続けていた。

第39章【無意識の涙】より





全てが全力だった高校生活。
最高の仲間達と過ごした3年間。

吹奏楽部での出来事を中心に日記調に書き上げてみました。
恋愛、青春、笑い、感動などがいっぱいつまった長編吹奏楽作品です。

今、その時間を過ごしてる人達も、あの時を懐かしむ人達も、主役を自分に置き換えて、お楽しみ頂ければと思います。

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

こっぴさんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません