このページのリンクアドレス

エブリスタ
穴熊日記

小説

穴熊日記

假谷 雅史

(※フィクションです) 謂われ無き罪により無期懲役を言い渡され収監された男の獄中記。

完結

94ページ

更新:2011/02/05

説明

二十数年間ただ漫然と生きてきた青年は、ある日突然身に覚えの無い罪により収監される。獄中で青年は自らの半生を振り返り、また鉄格子を通して見る外の世界に思いを巡らせ、死の間際まで大学ノートにそれらを書き残す。
 
 
完結しました(2/4)
 
 
御愛読ありがとうございます。

この作品のタグ

タグがありません

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

假谷 雅史さんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません