このページのリンクアドレス

エブリスタ
Over

小説 詩・童話・絵本

Over

add9th

Over 歌詞

完結

2ページ

更新:2007/08/30

説明

見慣れた景色 ドアを閉めて
荷物まとめてでかけよう

抱えきれない思い出と言葉
胸に新しい場所へと

会えない時間が増えるけど変わらないよね?変わらないから
夜が明けるまで語り合った夢 追いかけていこう

僕らが選んだそれぞれの道を行く
遠く離れても忘れはしないから
一人じゃない事 見失いそうになったら
そう、またここで会おう

毎日を生きるだけで
精一杯と君は言うけど

一歩一歩が繋がってるんだ
もっと明日は笑えるように

慣れない日々に不安を感じる
理想と現実 その交差点で
迷わぬように想いを歌おう
その手を伸ばして

僕らは限られた時間の中を歩いてる
立ち止まってる暇なんてないだろう
それでも君の手を引くぐらいはできるよ
いつでも呼んでくれよ

僕らが選んだそれぞれの道を行く
遠く離れても忘れはしないから
一人じゃない事 見失いそうになったら
そう、またここで会おう

限られた時間の中を歩いてる
立ち止まってる暇なんてないだろう
それでも君の手を引くぐらいはできるよ
いつでも呼んでくれよ

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

add9thさんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません