このページのリンクアドレス

エブリスタ

この作品は1年以上更新されていません。

鉛の薔薇十字

小説 ファンタジー

鉛の薔薇十字

アッガイ森本

中世欧州、花のパリ、ヴェルサイユを舞台に、暗躍する謎の男とその正体を追う主人公。

休載中

13ページ

更新:2007/09/25

説明

中世欧州、花のパリの社交会の名門貴族の青年ミッチェルは、民衆の貧しい暮らしに心を痛めていた。ヴェルサイユで、自分は悪魔だと名乗る男に出会い、彼と「契約」を交わす。
「自らの魂と肉体の引き換えに、貧しい民衆達に幸せを与える」というその契約通りに、ミッチェルは悪魔と同化し、ヴェルサイユの闇に暗躍する謎の男として、再び現れた。
一方、見習い修道僧の少年ウィルヘルムは、かつて赤ん坊の時教会の庭園に棄てられていた自分が、実はある貴族の隠し子だと知り、パリに出てきた。仮面舞踏会で、悪魔のミッチェルと出会い、その怪しげな魅力に惹かれてゆく。
フランス王家最期の栄華のヴェルサイユを舞台に、彼らの姿を描く。

この作品のタグ

タグがありません

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

アッガイ森本さんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません