このページのリンクアドレス

エブリスタ
明かりのある食卓

小説

明かりのある食卓

Ж†戒音†Ж

猫とおかかふりかけ、タバコの三題噺。

完結

4ページ

更新:2013/01/21

説明

切ない雨音と、冷えた身体に心地よい人肌。
 
──おいで。
俺は少しだけ困って笑う。
 
 
 
灯りのない玄関先で鳴き続ける一匹の猫。
 
 
飼い馴らされてしまったのは誰で。
餌付けされてしまったのは──。
 
 
一度知ってしまった温もり。
 
もう……、野良には戻れない。

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

Ж†戒音†Жさんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント