このページのリンクアドレス

エブリスタ
-Guerre De Feit-第1部宇宙激戦編

小説 SF

-Guerre De Feit-

-Guerre De Feit-第1部宇宙激戦編

ラミア・ラヴレス

"戦争"とは何かそしてその裏に隠された"真実"とは何か……第1部宇宙激戦編、開幕

完結

145ページ

更新:2009/07/27

説明

時に西暦2050年、アメリカ合衆国とロシアとの全面戦争に入った、敵味方共に破壊し破壊されの繰り返しであった、しかしこの戦争は1年もたたずに終結した、なぜなら、突如未確認飛行物体が現れ世界各地を侵略破壊して行った為である。それに対抗すべくアメリカ合衆国とロシア、全世界の国々が同盟を結んだ、そして人々はこの同盟を『地球連合』と名付けた、そしてアンノウンとの全面戦争に突入した。幾度なく侵略され破壊されたが連合軍の努力の甲斐があり何とか退けさせるのに成功した。しかしその反面被害は凄かった、死者43億6815万3429人、負傷者15億2153万9705人という杜撰な結果となった。このことを人々は『最終戦争』と名付けた。この物語はそれから992年後の世界の話し。人々が他銀河へ進出した頃合いの話し。ギャラクシィ・イラ992年、『地球連合』と念動力連合通称『U.T.(ユナイテッド・テレキネシス)』との全面戦争が始まった。当初は『U.T.』側が優勢だったが両陣営の人口が戦争当初より半数を下回る事態に陥った。その中地球連合軍は『第5独立部隊セイントフォース』を設立した。そして今二人の男女がこの戦争に立ち上がる。

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

ラミア・ラヴレスさんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません