このページのリンクアドレス

エブリスタ
玉城さんのお仕事

小説 ファンタジー

玉城さんのお仕事

沙月

(3)

高校1年の冬。イヴに出会ったのは、金髪サングラスの『自称』サンタ・玉城さんだった

完結

178ページ

更新:2016/12/26

説明

12月24日、クリスマスイヴ

俺は、サンタクロースに出会った。




工藤祐也は普通の私立学園に通う、高校1年生。

12月24日は普通の高校生らしく、普通の友達と普通のクリスマスパーティをする予定──のはずが。

運悪く友達がほとんどキャンセル
残った1人とも、待ち合わせ中に電話で謎の悲鳴を残し、音信不通の行方不明に……

寂しさを紛らわすために、仕方なく街中をぶらついていたところ

俺は玉城(タマキ)さんと出会った。

そう、シルバーアクセサリーをじゃらじゃらさせた

愛煙家で

金髪サングラスで

それが全くサンタの衣装に合っていない、のに。

「本物のサンタクロース?!」

なんと、玉城さんは本当のサンタさんだったのだ。(自称)

しかも

何故か玉城さんは、銃を持ったスーツのオジサン達(ヤのつく組員的な方々)に追いかけられていて?!

ついには全く関係なかった事件にもズルズルと巻き込まれちゃって……

もう、誰か、助けて下さい。

果たして俺は無事にクリスマスを終えることが出来るのか?

祐也&玉城さんがイヴに繰り広げるドタバタ劇の行く末は──?


美麗な表紙は紅葉様に描いて頂きました [リンク]

応援特典作成しました! [リンク]

※この作品は現在、なろう(外部サイト)でも転載しています。

この作品のタグ

作品レビュー

沙月さんのその他の作品

作品を読んだ人におすすめ

この作品が入っているマイリスト

サポーター特典

スターを投げるとサポーターポイントを獲得できます。

この作品の参加イベント