このページのリンクアドレス

エブリスタ
ケンロウと眼鏡

小説 その他

ケンロウと眼鏡

テンプル昼

ある日眼鏡が喋りかけてきた。

完結

74ページ

更新:2007/12/25

説明

鈴木謙太郎が眼鏡を通じて成長してく世にも奇妙な物語。

この作品のタグ

タグがありません

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

テンプル昼さんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません