このページのリンクアドレス

エブリスタ
泣いたらいかんちや

小説 ノンフィクション

泣いたらいかんちや

姫子

中学1年で大切な人の死に直面した私目線のはなし

完結

134ページ

更新:2007/12/12

説明

(現在修正中それでもよければどうぞ、閲覧下さい)
大切な人の死を通して
何を感じて何を思った?

私目線の話です

泣けないけど私の人生の一部見てなにか感じてあげてください

土佐弁、幡多弁わからなければきいてください

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません