このページのリンクアドレス

エブリスタ

この作品は1年以上更新されていません。

深夜0時の招待状

小説 ホラー・オカルト

深夜0時の招待状

催眠術師

きもだめしにいったのが、そもそも間違いだった。

休載中

19ページ

更新:2008/05/12

説明

指切り地蔵をめぐるカルトホラー。


性同一性障害の春日井サクラ。


彼女は気がつくと、きもだめしの時の記憶を失っていた。


記憶が戻るにつれ、戦慄は深まる。


恐怖はやがて彼女を蝕んでゆく。

この作品のタグ

タグがありません

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません