このページのリンクアドレス

エブリスタ

この作品は1年以上更新されていません。

あなたがいない

小説 恋愛

あなたがいない

桜井愛花

これは私自信で書いてみた

休載中

3ページ

更新:2007/12/22

説明

朝起きるとあなたがいないどうして?
私はあちこち探した
机に一枚の紙と鍵がおいてあった
[もうお前がわからない
一緒にいると疲れる
もう終りにしよう
さようなら]と書いてた
私は泣いてた手紙が涙で
かすれた
なんなのこれ、クリスマスの予定一緒にたててたのに私は思わず、彼に電話した留守番になってた。
私は留守番にいれてみた
ごめん私が悪いなら
謝るごめんなさい
もういちど考え直して
私はあなたがいないと
生きていけないの
お願い戻ってきて
切ったあと彼からの
電話を何時間も何時間も
待ったが
掛ってこない
私はずっとぼーと電話を
もちながら見ていた
掛ってくるはずのない
電話を寝ずに
次の日もまた次の日も
何日たったのだろう
ずっとご飯も喉にはいらず部屋にこもったまま
一回もならなかった
電話がなった
誰もかもみないまま電話にでた私は声もでなかった
かすれ声で低いこえで
はいと言った
元気か?大丈夫か?
とあの手紙を残していった彼からだったうれしいはずなのに私は泣いてた
友達が仕事にもこない電話にもでない
言ってたから心配でさ
私は思わず なんなん今更今にも死にそうな声をだした俺今まで考えてた遅くてごめん

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

桜井愛花さんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません