このページのリンクアドレス

エブリスタ

この作品は1年以上更新されていません。

Prerended Zuruck Gasse

小説

Prerended Zuruck Gasse

双志

作品では郡像劇を主題にお送りし、登場するさまざまなキャラクターの視点で描きます

休載中

6ページ

更新:2007/04/10

説明

「現在の人という生物がすべての生態系の頂点であり、もっとも進んだ生物だ」
そう公言することが誰もが当たり前だと思う現代。
だが政府生物機関CNSTでは人が人を越えるべく日々研究が進んでいた。
そして手につけた禁断の生物化学。
それにより人を強化すべく作り出したフォーム。
人を構築する細胞と強化システム、その複合で人は人を越えることに成功する。
しかしその代償も大きかった。
人ならざる人、ツリュックガッゼ。
意思が無くなりただ暴走し、破壊発動を繰り返す。
その事実を消すべくフォームで討伐。
毒を毒で消す。
本作Prerended Zuruck Gasseは特定危険生物ツリュックガッゼの始末、殺害のため政府生物機関の直下の機関CNSTを設立、一部の自衛隊、選抜された人材を使いツリュックガッゼの始末(殺害)を行い、
日々人々の生活を守っているという看板を掲げる。
しかしその生物、ツリュックガッゼの実態は生物実験による人間の成れの果て。
自らの機関での失敗作を正義という言葉を借りて国民の信頼を集めている。


そんな現世に巻き込まれた数人とCNST機関の話。

この作品のタグ

タグがありません

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません