このページのリンクアドレス

エブリスタ
迷宮入り寸前殺人事件

小説 ミステリー・推理

迷宮入り寸前殺人事件

むらちゃん★

豪華客船で悲鳴が聞こえた。 そこへ行くと人が刺されていたのに床に血がなかった…

完結

37ページ

更新:2011/02/14

説明

主人公の名は達上惺(たつがみさとる)


都立高校に通う高校一年生である。


父親は警視庁の刑事,母親は東京高等裁判所裁判官である。


ある日,一流デパートの福引きで特賞となるペアでいく豪華客船シドニー1ヶ月旅行を当てた。


両親は仕事で行けず,変わりに幼なじみの里中彩(さとなかあや)と行くことになった。


そこに殺人というなの悲劇があるとは知らずに…

それは横浜からシドニーへ向かう途中で起こった。


パーティー・映画館・プール・病院・テニスコートなどなどいろんな設備がある船だった。


ある夜,甲板から悲鳴が聴こえた。



そこへ向かうと一人の男が刺殺されていた。


ところがそこには刺されているのに床に血がなかった。


それを見たとき惺は親譲りの血が騒いだ。


惺はこの事件を解決することが出来るのか?

この作品のタグ

タグがありません

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

むらちゃん★さんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません