このページのリンクアドレス

エブリスタ
吸血鬼の独白

小説 恋愛 その他

吸血鬼の独白

゜+蒼井+。

悲しい吸血鬼は、もう冷たくなった女の体をひっしと抱きしめて、一晩中泣いた。

完結

14ページ

更新:2008/01/02

説明

今までものすごい時間を生きてきた吸血鬼が、初めて人間の女を愛した。
女に嫌われるのを恐れた吸血鬼は、ずっと自分の姿を隠してきたが、隠し通す事は叶わず、正体がバレてしまう。
そこで女に恐れられ、醜い物を見るような目で見られた吸血鬼はその女の血を吸い、殺してしまう。
 
 
†この作品には、少々生々しい表現が出てきます。それをご了承の上ご観覧下さい。

この作品のタグ

タグがありません

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

゜+蒼井+。さんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません