このページのリンクアドレス

エブリスタ

この作品は1年以上更新されていません。

MONSTER HUNTER 2ndG

小説 ファンタジー

MONSTER HUNTER 2ndG

§霞龍£

少年は旅に出る…仲間と共にモンスターを狩りに…そしてあの男を捜すために…

休載中

169ページ

更新:2008/09/23

説明

雪山では轟竜や白獅子が思う存分暴れ回り,白き幻獣が現れた時,雲を呼び雷が鳴り響く…



密林では桃毛獣や怪鳥が食べ物を食い散らし,鋼龍が暴風や雨を呼び嵐を起こす…



砂漠では盾蟹が我が物顔で歩き回り,角竜が砂の中から獲物を狙う,夜になると静かに炎妃龍が舞い降り,冷える砂漠を灼熱の地に変える…



沼地では帯電竜や鎌蟹が天井から獲物を狙い,夜になると真紅の帝王,炎王龍が一日の疲れを取りにやってくる



森丘では空の王と陸の女王が自由自在に飛び回り,姿を消した霞龍がひそかに命を狙っている…



火山では岩のように堅い岩竜が地面に潜み,鎧竜が溶岩の中から現る,稀に現れる金獅子を見た者は生きて帰れない…



樹海では黒狼鳥が眼をぎらつかせ,眠鳥が眠りに誘い,暗殺者が赤い目を光らせる…



古塔には幻と言われたモンスターが巣喰い,真のハンターの前には静かに純白の王が舞い降りる…



これはその時代にハンター(狩人)として存在した一人の少年が仲間と一緒に旅をする物語。



完結はまだまだしません。



レビューが増えているのは大変嬉しいです



作者が関西人なので関西弁が入りますが勘弁して下さい。

この作品のタグ

タグがありません

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

§霞龍£さんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません