このページのリンクアドレス

エブリスタ

この作品は1年以上更新されていません。

月が裏返れば

小説 恋愛 その他

月が裏返れば

川上小次郎

高校生活での男女の友情と恋愛を

休載中

54ページ

更新:2008/07/18

説明


あの時、もっと素直に気持ちを伝えてたら、どうなっていたんだろう?


強がったり、意地を張らずにいたらどういう結果が待っていたんだろう?


そんな事を考えながらも、情けない昔の自分を思い出して書いてみました。






『月が裏返れば』


というのは、主人公の南靖史(みなみやすふみ)の口癖です。


困難な状況を表す比喩表現として、しばしば見受けられると思います。


天と地がひっくり返ったらみたいな感じです。


聞き慣れない表現でしょうが、お付き合い下さい。

この作品のタグ

タグがありません

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません