このページのリンクアドレス

エブリスタ
罪悪感の誘惑

小説 その他

罪悪感の誘惑

鯉昇る

カフカ流にいうと、罪悪感とは誘惑されるものだという。誘惑された青年の物語。

完結

36ページ

更新:2008/03/10

説明

順風満帆の普通の青年が、非日常のひとコマがきっかけで罪悪感を覚える。
そして、青年は歯車を狂わせて行く。
短編プチ文学

この作品のタグ

タグがありません

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません