このページのリンクアドレス

エブリスタ

この作品は1年以上更新されていません。

-愛し日の記憶-

小説 歴史・時代

-愛し日の記憶-

梅ヶ枝 縞

「私は“私”の意志を継いでここにいる。私は貴方、貴方は私だから…」

休載中

199ページ

更新:2009/06/16

説明

5月31日第3章~追いこくら~更新しましたお待たせして申し訳ありません何時も応援有り難う御座います嬉しいです

   ―――あらすじ―――

主人公は真継 蒼 (まつぎ そう)。

蒼の前世は、歴史的に有名なあの○○であった。

そして前世の彼が病によって命を落とそうとした時、蒼は彼の”声”を聞く。

"護りたい…"

蒼はその強く純粋な願いを、自身が継いでいく事を決意した。

他でもない、前世の自分が成し遂げられなかった願いを叶える為に…

   ※読む前の諸注意※

クリエイター情報に掲載した≪読むに当たって≫を必ず一読の上、同意して頂けた方のみ閲覧して下さい。
(どんな下手な文でも、お前らヒヨッコなら許す!という寛大な方は、このままお読み下さい

     ☆製作陣☆
原作者:椿《TUBAKI》
代筆:梅ヶ枝 縞《UMEGAE SHIMA》
イラスト:飛梅 絣《TOBIUME KASURI》

さぁ!彼らを護るために、いざ幕末へ――…

この作品のタグ

タグがありません

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

梅ヶ枝 縞さんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません