このページのリンクアドレス

エブリスタ
大きな手

小説 ノンフィクション

大きな手

陽日

大きな手の存在

完結

2ページ

更新:2008/01/16

説明

幼かった日のこと。
よく遊んでくれた伯父が急に亡くなってしまい,死の意味を知らない私は悲しむことすらできなかった。

今となってはこの手にのこる温かい手の感覚だけ。

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

陽日さんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません