このページのリンクアドレス

エブリスタ

この作品は1年以上更新されていません。

低いんです。

小説

低いんです。

Βёιιαタン

「ボク、お母さんいる?」二十歳過ぎて電話でこう言われ愕然。アタシ声が低いんです。

休載中

14ページ

更新:2007/04/09

説明

声が低いと損します。
若い女は声が高いなんて、誰が決めつけたんじゃ!
声が低い女はどうすればいいんじゃい!

この作品のタグ

タグがありません

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

Βёιιαタンさんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません