このページのリンクアドレス

エブリスタ

この作品は1年以上更新されていません。

龍蓮の契り

小説 歴史・時代

龍蓮の契り

榊 皇洵

蓮と龍の縁(えにし)に導かれ、国でただ一人の皇女が辿る運命とは……

休載中

9ページ

更新:2008/06/26

説明

 
 時は平安より遥かに昔。

 人外の者達が跳梁跋扈し、人々もそんな彼らの存在を認め共存していた時代。

 未知なる縁に導かれ、数奇な運命を辿った美しい皇女がいた…──。



?Y『蓮』は『睡蓮』をイメージしてください。『睡蓮』だと語呂が悪いので『蓮』にしたんです?ホ

?Y『双龍華』と『流水双蓮』にまつわるお話です。
『双龍の華』の番外編となっていますが、内容は全く異なります。なので『双龍の華』を読んでいない方でも大丈夫です。


?Yジャンルが歴史・時代となってますが、ほぼファンタジーです。
?Yあくまで「歴史っぽい」物語ですので、史実等は一切関係ありません。

?Y加筆修正、非公開等よくあります。

6/21 執筆開始

この作品のタグ

タグがありません

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

榊 皇洵さんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません