このページのリンクアドレス

エブリスタ

この作品は1年以上更新されていません。

アナザーワールド

小説 SF

アナザーワールド

魑魅魍魎

過去にこだわる者は、未来を失う。

休載中

15ページ

更新:2009/04/17

説明

 
 
コメディ系SF型小説 アナザーワールドを掲載
なんのスキルも持たない普通の極平凡な主人公、上白技我狼が見てはいけない真実を目の当たりにしてしまい、何故か命を狙われることになってしまうアクションSFコメディ小説
 
急がば覗け
 
 いや別に覗かなくても...
 
 
 ―――――
 
 
もっと前へ。
あの風を越えて、俺は、俺自身を打倒する―――



「―――投影、開始」

凝視する。
ヤツの大剣を寸分違わず透視する。

左手を天に広げ、まだ現れぬ架空の柄を握り締める。


桁外れの巨重。

こんな俺ではヤツの大剣は扱えない。


だが―――この左腕ならば、敵の怪力ごと確実に複製しよう。


「――――、ぁ」


瞬間、壊れた。

パシ、と音をたてて脳の一部が破裂する。
骨格は流出する魔力に耐えきれず壊れる。リンゴの皮みたいにみっともない。


「―――行くぞ」

だが心配など無用。
壊れた個所は補強する。
我が専心は、ヤツの絶殺にのみ向けられる。


「グオオオオオオオオォ!」

気づかれた。
収束する殺意。

こちらの魔術行使を敵と見なし、黒い巨人の眼が動く。


黒い、凶つ星のようだ。

巨人は断末魔をあげながら、自らの敵を討ちに走る。

この作品のタグ

タグがありません

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません