このページのリンクアドレス

エブリスタ

この作品は1年以上更新されていません。

霊階のエレベーター

小説 ファンタジー

霊階のエレベーター

リン

何気ない日常買い物するためアパートのエレベーターに乗ったそれが初まりだった。

休載中

14ページ

更新:2007/04/23

説明

普通に暮らしてた、だけだった。

買い物だって母に言われて嫌々行くものだった。

ただ早く買い物を済ませたくて・・・。
エレベーターを使った

本当に

それだけだった・・・のに。

さて作品説明って書いてるのに、小説概要と50歩100歩。似たり寄ったりなのは、何故でしょう?[
答えはカンタン話聴いてないからです。だめですね~自分。これはファンタジーに属してます。(てか、属しました。)これは元々怖くないホラーでした。(ホラーで連載していました。)
書いてる途中でハッ?Nと気ずきましたファンタジーのほうが近くね??かと(笑)
と言う訳でファンタジーになったのです??
とにかく一度見てって下さいお願いです?ュ


誤字、脱字、変文見つけたら報告を!

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません