このページのリンクアドレス

エブリスタ

この作品は1年以上更新されていません。

すみれ

小説 恋愛

すみれ

猫鮫Ⅶ

恋とお節介と彼の日常。 そしてその中の「異質」

休載中

122ページ

更新:2011/03/26

説明

彼は友達がほしいとは言わなかった。

かまってほしいとも言わなかった。

同情してほしいとも言わなかった。

それでも、人は彼の周りに集まりだす。

それぞれが、それぞれの理由で、彼に近づいていく。

そして、彼は言うのだ。


「好きにしなよ」




馴れ馴れしい人達の「日常」と、彼らにとっての「異質」の話。





ゆっくりゆったり忘れた頃に更新中。

《注意》
行間をほとんど開けてない上に、1ページあたりの文字数が多いです。
行間の多いケータイ小説に慣れている方には、読みにくいと感じることがございますかも知れません。

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません