このページのリンクアドレス

エブリスタ

この作品は1年以上更新されていません。

千夜怪談

小説

千夜怪談

noise

いらっしゃいませ、ようこそ『一夜奇譚』へ。さて、今日はどのようなご依頼で?

休載中

234ページ

更新:2012/04/15

説明

閲覧ありがとうございます。




千夜怪談


都会の路地裏の奥に進んでいけば、そこには古い屋敷がある。
看板には『妖退治屋 一夜奇譚』と書かれた文字。
不気味な雰囲気を醸し出しているその屋敷は、妖でお困りの"アナタ"を待っている。


その昔、人と共存していた妖は近年、その姿を見せなくなっている。
──否、それは違う。
妖を見る人が少なくなっているのだ。
だが確実に、妖は私たちのすぐ"ソバ"に潜んでいる。





※この物語はフィクションです。
実在の人物、団体、事件などには一切関係ありません。
また作品内に出てくる妖怪については、地方によって様々な伝承が残っています。
なので、作品内に書かれている妖怪の伝承は一部に過ぎません。
それに加え作者の独創が混じっていることもありますので、ご了承ください。
※予告なく内容の変更・編集をしております。ご了承ください。

上記のことをふまえて、楽しく読んでいただければ幸いです。

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません