このページのリンクアドレス

エブリスタ

この作品は1年以上更新されていません。

窓がらす

小説 詩・童話・絵本

窓がらす

綴喜

流れ変わりゆく時間の中で、人は相変わらず人に恋をしていた

休載中

47ページ

更新:2009/06/27

説明

 
地球は回る。
七色の愛を乗せて。
 
青い星は愛に悲しみを混ぜて愛しさを創造した。
青い星は悲しみに恨みを混ぜて貧しさを創造した。
 
青い星はミキサーのように回り、表情を変えていった。
 
この部屋から窓ガラスを介して見た世界は透明な暗闇で輝いている。
 
 
 
詩集二集目
 
自分の人生観が大きく占めますが読んでいただければ嬉しいです

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

綴喜さんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません