このページのリンクアドレス

エブリスタ
桜の季節はただ遠すぎて

小説 歴史・時代

桜の季節はただ遠すぎて

*なつめ*

沖田総司が死にゆく前に願ったこと。 そして、土方歳三の死。

完結

64ページ

更新:2011/10/07

説明

 
 
 
新撰組の沖田総司と土方歳三のお話です。


死に行く前に沖田総司が願ったこととは……


そして、土方歳三の最期とは……


二人の心情が上手に描写出来るよう頑張ります。



本当に拙い文章ですが、是非読んでみて下さい。


感想など聞かせて頂けたら、泣いて喜びます。
踊りだしてしまうかもしれません。

お気に召しましたら
レビュー、ファン登録を…ね?

すみません調子にのりました。




※都合により、作者が史実をひん曲げている所がたくさんあります。
その辺りは、あらかじめご了承下さい。

それではどうぞ。


検索ワード
沖田総司/土方歳三/新撰組/死ネタ/歴史/桜/幕末/江戸


?Y10月07日
大幅な加筆・修正を行いました。


カテゴリ最高76位?~
皆さんありがとうございました。

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

*なつめ*さんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません