このページのリンクアドレス

エブリスタ
究極の選択

小説 ミステリー・推理

究極の選択

テノヒラ

どちらを選んでも、待っているのは………絶望

完結

179ページ

更新:2009/02/10

説明

例えば、愛するヒト、どちらか一人しか助けられないとすれば、どちらを選ぶか………


それを選ぶ時、どちらも正解であり、不正解である


ただ、どちらを選んでも悲しみしか訪れない


ある日、平穏な生活をしていたヒトに、突然に………無理矢理に………その選択肢を与えるモノがいた………

この作品のタグ

タグがありません

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

テノヒラさんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません