このページのリンクアドレス

エブリスタ
俺達はくも

小説 青春

俺達はくも

我天楼

雲を自分と親友に見立ててみた。

完結

7ページ

更新:2009/11/23

説明

卒業式。親友と別れを告げなきゃいけないとき。大好きだけど、寂しいけど、しょうがない。
今まで当たり前にそばにいて、たくさんしょうもないことやくだらないこと、真面目な相談までしあった仲間との別れはいやだけど。というその時の自分の思いを文にまとめてみました。

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

我天楼さんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません