このページのリンクアドレス

エブリスタ
記憶の中の想い

小説 恋愛

記憶の中の想い

ホワイトチョコ

繋いだ手、離さず歩いて行けたら、どんなに幸せだろう。

完結

170ページ

更新:2008/05/11

説明

主人公『陽子』は、短大の時に友達に誘われた飲み会で運命の出会いをする

この恋愛を通して、彼女が手にしたものは…人を愛する事の喜びと幸せだった

彼女の様々な心の葛藤をお楽しみ下さい。

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

ホワイトチョコさんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません