このページのリンクアドレス

エブリスタ
無人ホテル

小説 ホラー

無人ホテル

〓jin

炭鉱が栄えた戦後、ある村に建設されたホテルである探偵が体験した話です。

完結

13ページ

更新:2007/06/09

説明

日本の炭鉱が栄えた昭和の戦後、炭鉱が存在した舞宮村には「舞の宮ホテル」が建設された。昭和末期、創業当時の支配人である「十文字昌治」が疾走し15年後、舞宮村から遠く離れた山林で白骨化した遺体で掘り出された。謎を解き明かすべく、探偵である主人公の「桂木哲平」は廃墟と化した舞宮村へ向かった。

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

〓jinさんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません