このページのリンクアドレス

エブリスタ
554グラムの誕生

小説 ノンフィクション

554グラムの誕生

ぁむ△

(1)

生きられないかもと言われ続けてきた息子の命

完結

127ページ

更新:2008/04/26

説明

お腹にいる頃から平均より半分も小さくて

予定日より2ヶ月も早い出産に耐えた息子の生命力

産まれてきてくれてありがと?ル

こういうの書くのは初めてですが未熟児を持つ両親が沢山いる事を知り 励みになればと書いてみます?I

また私も沢山の方に励まされ助けられました

文章が下手ですが読んで下さい?

この作品のタグ

タグがありません

作品レビュー

∞実結∞
∞実結∞さん
【作品】554グラムの誕生についてのレビュー

ネタバレ

私自身が生後2ヵ月てんかん・気管支喘息・小児マヒになったとき「余命9歳」と宣告されたものの見事に乗り越ぇましたが摂食で体重が24まで落ちて入院したとき誰もが『助からない』と思ってたし実際に「退院が決まったから言ぅけど入院が1週間おそければ完全にアナタは助からなかった」「それと身体に負担をかけたから生理が戻っても子どもには恵まれません」と言ゎれ離婚しましたが結婚相手に「赤ちゃんムリかも」と話しましたが天使が宿ってくれたのに薬を27まで飲んでた私に対して周りは「てんかん持ちやから産めるわけない」「産まれたとしても何らかの問題がある」と散々なことを言ゎれ悔しくて仕方なかったけれど元気な天使を2人も授かることができ天使が天使を宿してくれ天使が今2人目の天使を宿してます

出産は病気ぢゃなぃけど掛け替えのなぃ尊ぃ生命を宿してる神秘的なもの☆彡

本当に侑くん あむさん・パパ沢山の辛い想いをしましたね

でも侑くんに逢ぇて心から『良かった』と思ぅし侑くん頑張ってますね

私も2人目のとき酸素マスク装着し点滴全開と大変でした

これからも繰り返し読ませて下さいね
 

もっと見る

2016/06/03 05:03
コメント

ぁむ△さんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません